寄与分(療養看護型)

私の父は、1か月ほど前、死亡しました。
 
私の父の法定相続人は、私と兄です。

私は、一度、結婚をしましたが、後に離婚し、会社員として働きながら、父母の近所に一人で生活をしていました。

私の母は、3年ほど前に死亡しました。私は、私の母が死亡した後、父のことが心配になり、父と一緒に生活していました。私の父は、私と一緒に生活するようになってから、デイサービスを利用するようになりました。

私は、父と一緒に生活するようになってから、時折、私の父の食事を作ったり、洗濯をしたり、身の回りの世話をするようになりました。

私の父は、2年ほど前に転んで骨折し、施設に入所しました。

私は、父が施設に入所してからは、しばしば父のもとを訪れ、父と話などをしていました。

私の兄は、私の父と不仲であったので、実家を訪れることはほとんどなく、私の父が施設に入所後は施設を訪問することは一度もありませんでした。
 
私は、父の死亡後、兄と遺産分割の協議をしていますが、話し合いがまとまりません。

私は、最近、寄与分という制度があることを知りました。

私は、父から特に報酬などはもらっていないので、寄与分が認められないでしょうか。
 
 

弁護士の回答

民法は、寄与分が認められるための要件として、「共同相続に中に、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるとき」旨規定しています。
 
本件については、同居していた約1年の間、父親の食事を作ったり、洗濯をしたこと、施設入所後死亡までの約2年間、施設を訪問したということについて、寄与分が認められるか、問題になっています。

約1年間、被相続人と同居して時折食事を作ったり、洗濯をし、約2年間、しばしば施設を訪問し、被相続人の話し相手になったという事情では、個人的な見解ですが、寄与分が認められる可能性が低いと思います
寄与分について、分からないことがありましたら、弁護士までご相談ください。
 
 

よくあるQ&Aをご紹介させて頂きます

No 質問内容
1  配偶者の連れ子について
2  遺言の撤回
3  封された自筆証書遺言
4  共同遺言
5  遺言と推定相続人の立場
6  遺産分割の相談
7  行方不明者と遺産分割
8  相続放棄と限定承認
9  遺留分を侵害する遺言の効力
10  内縁の妻の相続権
11  遺留分と価額弁償
12  遺留分減殺請求の行使を躊躇している場合と消滅時効
13  遺留分減殺請求と取得時効
14  遺留分減殺請求と寄与分
15  行方不明者と遺産分割
16  自筆証書遺言の検認
17  養子と法定相続人 
18   寄与分と法定相続人
19  相続放棄熟慮期間
20  一部の法定相続人による預金の引き出し
21  遺産の一部の分割
22  法定相続分と異なる遺産分割の合意
23  公正証書遺言と付言事項
24  遺産分割調停と当事者の欠席
25  遺言執行者の選任
26  遺産相続により相続人の共有となった不動産と共有物分割請求の訴え
27  相続人の一部の相続放棄と債務の額
28  遺産分割と相続税の申告
29  父親死亡後に母親が死亡した場合と遺産分割の調停
30  遺言書の検認手続と自筆証書遺言の無効の主張
31  限定承認
32   相続開始後の寄与と寄与分
33  特別受益と大学の学費
34  特別受益と結婚式の費用
35  特別受益と生命保険金
36  特別受益と死亡退職金
37  寄与分(家業従事型)
38  寄与分(療養看護型)

まずはお気軽にお電話ください!

ImgTop5.jpg

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ

souzoku banar.pngのサムネール画像


無料相談実施中! 0532-52-0991
対応マップ
事務所概要
アクセスはこちら
事務所所在地

地元豊橋の離婚の相談は
寺部法律事務所(豊橋)へ
住所:愛知県豊橋市駅前大通3丁目
101-2 リバーサイドビル3階
TEL 0532-52-0991

事務所オフィシャルホームページ 寺部法律事務所
愛知・豊橋 債務整理 自己破産相談 借金問題専門ホームページ
愛知・豊橋 交通事故後遺障害相談 交通事故相談
愛知・豊橋 弁護士による離婚相談 離婚問題相談
Google+