腹違いの兄弟との遺産分割を円滑に解決することができた事例

50代女性、父親を亡くされた方からの依頼です。

ご両親が離婚されたため、父親が亡くなった事実を長期間知りませんでした。
父親と再婚相手との間の子から連絡があり、当方は弁護士を代理人に選任し、遺産分割の協議をしました。

 
被相続人の方は、ご依頼者の方が把握できた限りでは、預金と不動産の共有持分を所有していました。
また、負債が存在する可能性がありました。
最終的に、不動産の共有持分は相手方が相続し、ご依頼者は預金の法定相続分に相当する金額を相続する旨の遺産分割協議が成立しました。
また、遺産分割協議のなかでは、被相続人の負債は相手方が全額を弁済することを合意しました。(注)
遺産分割成立後、相手方は相続を原因とする持分全部移転登記手続をし、登記手続費用は相手方が負担しました。
 
(注)法定相続人間で負債について法定相続人の1人が全額弁済する旨の合意をしても、この合意は債権者を拘束しません。
 

弁護士のコメント

本件は、ご依頼者の方が父親が亡くなった事実を長期間知らない状況であり、遺産の内容を把握することが難しい事案でした。

法定相続人間で負債について法定相続人の1人が全額弁済する旨の合意をしても、この合意は債権者を拘束しませんが、リスクを減らすため、遺産分割において、被相続人の負債は相手方が全額弁済する旨の合意をしました。
似顔絵jpeg.pngのサムネール画像

当事務所の解決事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  遺産分割協議が成立し、手続を円滑にすすめることができた事例
2  相続財産管理人の選任を請求をし、円滑に事件解決を行なった事例
3  腹違いの兄弟との遺産分割を円滑に解決することができた事例
4   遺産分割協議が成立し、手続を円滑にすすめることができた事例
5  亡くなった父親の相続放棄ができた事例
6  遺産を全て取得する内容の遺産分割協議書を作成した事例
7  遺留分減殺請求訴訟を提起し、裁判上の和解が成立した事例
8  自筆証書遺言の検認申立がなされ相続を放棄した事例
9  税理士とのタッグで遺産分割協議を作成した事例
10  訴訟告知を受け訴訟を提起し、預金の払い戻しを受けることができた事例
11  法定相続人全員の合意が得られず、代償分割によって解決できた事例
12  代償分割を用いた遺産分割調停で解決できた事例
13  連絡が取れなくなった相手と円滑に遺産分割協議を行い解決した事例
14  協議が難しい遺産分割を調停で成立させた事例

まずはお気軽にお電話ください!

ImgTop5.jpg

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ
souzoku banar.pngのサムネール画像


無料相談実施中! 0532-52-0991
対応マップ
事務所概要
アクセスはこちら
事務所所在地

地元豊橋の離婚の相談は
寺部法律事務所(豊橋)へ
住所:愛知県豊橋市駅前大通3丁目
101-2 リバーサイドビル3階
TEL 0532-52-0991

事務所オフィシャルホームページ 寺部法律事務所
愛知・豊橋 債務整理 自己破産相談 借金問題専門ホームページ
愛知・豊橋 交通事故後遺障害相談 交通事故相談
愛知・豊橋 弁護士による離婚相談 離婚問題相談
Google+