• HOME
  • 遺言書の作成について

遺言書の作成について

「子どもの仲が悪いので、トラブルを未然に防ぐために
遺言書を作りたい」
「事業承継が円滑に進むように遺言書を作成したい」
「内縁の妻に財産を残したい」
「先妻との間に子どもがおり、自分の死後に後妻ともめないか心配」
「経済的に大変な状況にある長女に多くの財産を残したい」
「独身で子どももいないので、財産の分け方をあらかじめ
決めておきたい」
「親に今まで迷惑をかけてきた息子には極力財産を残したくない」
このようなお悩みをお抱えの方からご相談を頂くこともあります。
  寺部先生.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

一方で、親の財産を相続する子どもの側からも、「親が自分の望んでいるような形の相続をしてくれるのか心配」「兄弟に親の財産を奪われてしまうのではないか?」などのようなご相談を頂くこともあります。

相続においては、相続する側にも、相続されるに側にも上記のような心配が付きまとうものです。「相続はもめると聞くけれど、自分のところは大丈夫」とお思いになられていても、実際には相続が発生した場合に、財産が絡んできたときに兄弟の態度が急変することもあります。

また、相続の問題は非常に根が深い問題で法律だけでは解決ができない感情の問題が多く含まれていますので、一度兄弟間でもめてしまうと、その後に関係を修復することができず一切話をしなくなってしまったということもあります。

このような相続トラブルを未然に防ぐためには、「遺言を書く」ことが重要になります。

しかし、実際には遺言はほとんどの方が初めて書くものであるため、法律的に有効な遺言書を書くためにはどうすれば良いのかは分からないということが多いです。

よく分からないまま遺言書を作成してしまったがために、法律的には無効な遺言書を残してしまったということを発生させないためにも、まずは相続に関する法律の専門家の弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

遺言に関する他の解説を見る

遺言の種類

自筆証書遺言と花押

遺言執行者がある場合の相続人による相続財産の処分

公正証書遺言の証人適格


遺言書についてもっとお知りになりたい方はこちら

●遺言書の作成について ●遺言書の種類 ●遺言書の書き方

まずはお気軽にお電話ください!

ImgTop5.jpg

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ

souzoku banar.pngのサムネール画像