当事務所で解決してきた事例とよくあるご相談内容の一部をご紹介致します。

No 解決事例
1  遺産分割協議が成立し、手続を円滑にすすめることができた事例
2  相続財産管理人の選任を請求をし、円滑に事件解決を行なった事例
3  腹違いの兄弟との遺産分割を円滑に解決することができた事例
4   遺産分割協議が成立し、手続を円滑にすすめることができた事例
5  亡くなった父親の相続放棄ができた事例
6  遺産を全て取得する内容の遺産分割協議書を作成した事例
7  遺留分減殺請求訴訟を提起し、裁判上の和解が成立した事例

当事務所の弁護士が書いたコラムです。ぜひご覧ください。

No コラムタイトル
1  非嫡出子の相続分
2  相続人の範囲、順位
3  相続欠格事由
4  持戻し免除の意思表示
5  法定相続分
6  推定相続人の廃除
7  特別受益と生命保険
8  相続放棄について
9  相続放棄と遺産分割
10  遺産分割の対象
11  遺留分減殺請求権行使の順序
12  モデルケース:相続放棄
13  遺留分減殺請求権の消滅
14  寄与分
15  代襲相続と特別受益
16  遺産分割と解除
17  遺産分割と登記
18  連帯債務と相続
19  特別受益と死亡退職金
20  寄与分と遺留分
21  寄与分と遺贈
22  遺留分減殺請求権の当事者
23  投資信託の満期償還金と遺産分割協議
24  代襲相続
25  茶道の准師範の免状をいただきました。
26  特別受益証明書と相続登記
27  遺産中に賃貸不動産がある場合の賃料の扱い
28   株主総会に行ってきました
29  相続させる遺言と特別受益
30  遺言者が自ら斜線を引いた自筆証書遺言の有効性
31  法定単純承認
32  成立した遺産分割協議と詐害行為取消権
33  遺留分減殺請求と価額弁償
34  相続放棄と詐害行為
35  カーボン紙を用いて複写の方法で記載した自筆証書遺言と自署の要件
36   遺産分割の当事者
37   遺留分減殺請求と特別受益
38  遺留分減殺請求権の代位行使
39  相続放棄の熟慮期間の起算点
40  遺産分割の調停を求められた場合の主なポイント
41  遺産分割の対象となる財産、不動産
42  遺産分割の対象財産 株式(上場株式)
43  遺言の種類
44  自筆証書遺言と花押
45  信託制度について、講演を聴いてきました

愛知・豊橋で、相続問題でお悩みの方は、寺部法律事務所にご相談ください!
愛知・豊橋でお悩みの方は、寺部法律事務所にご相談ください!
所長弁護士 寺部光敏
  ・「親の遺産相続について、兄弟の間で話合いが進展しない。」

・「兄に全てを相続させるという遺言があり、私には何の権利もないのでしょうか。」

・「私が死亡した後、私が思うように財産を承継させたい。」

・「親が死亡した後、突然、金融機関から相続人として親の債務を支払うように請求が来たが、私が借りたお金ではないのに支払わなければならないでしょうか。」

 

高齢化が進展し、相続問題に直面される方が増えております。このような相続問題は、誰にでも起きうることです。相続では、亡くなられた方の思い、相続人の方々の思いが交錯し、ときに紛争が生じ、長期化することもあります。

当事務所では、遺言をはじめとする生前の相続対策や実際に被相続人の方が亡くなられたときの遺産分割等の手続まで、このような思いを受け止めながら、手続をさせていただきたいと考えています。
実際に、当事務所では、遺産分割の調停、審判、遺留分減殺請求の調停、訴訟、公正証書遺言の作成の立ち会いなど、相続に関わる様々な手続に関与させていただいております。
また、当事務所では、相続登記、相続税の申告などについても、司法書士の先生、税理士の先生、社会保険労務士の先生などと協力関係を築き、対応させていただいております。

相続問題でお困り、お悩みの方は、まずはお気軽に当事務所までご相談ください。

豊橋相続無料法律相談会開催のお知らせ

souzoku banar.png
7月23日(土) 豊橋無料法律相談会を開催します。>>詳しくはこちら

相談会開催場所:
寺部法律事務所 愛知県豊橋市駅前大通3丁目101番地2  リバーサイドビルディング3階 
JR豊橋駅、豊橋鉄道新豊橋駅から徒歩5分程度です。 >>地図はこちら
担当弁護士: 弁護士 寺部光敏 、 弁護士 伊藤美穂

豊橋の方に限らず、相続問題に関するお悩みの解消に向けて、親身になって対応いたします。
ご予約の枠に限りがございますので、弁護士による無料法律相談をご希望の方はお早めにお申し込みください。

相続問題(豊橋・愛知)の相談実施中。お一人でお悩みになられる前に弁護士にご相談ください。

相続問題に関するご予約受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。相続に関する相談ご予約 0532-52-0991
詳しくはこちら

相続の流れ

  • STEP1 被相続人の死亡
  • STEP2 相続人の確定
  • STEP3 相続財産 債務の調査
  • STEP4 遺産分割協議
  • STEP5 遺産分割 協議の実行

1:被相続人の死亡

遺言書の有無の確認。遺言書は家裁にて検認した後に開封(公正証書遺言を除く)。


2:相続人の確定

戸籍等の調査


3:相続財産・債務の調査

相続財産・債務の調査及び評価。相続放棄・限定承認の検討。


4:遺産分割協議

遺言がある場合には原則として遺言書の通りに分割される。遺言書がない場合には
相続人間の話し合いにより解決を図る。協議が整わない場合には家庭裁判所に調停・審判を申し立てる。


5:遺産分割協議の実行

名義変更等を実施。

上記に加え、被相続人の所得税の申告、相続税の申告等の税務上の手続が必要になる場合もあります。 その際には税理士等の専門家に相談することも必要になります。相続は「何をいつまでに、どのように実施するか」を事前に把握し、スケジュール通りに手続を進行することが重要になります。

相続問題における寺部法律事務所(豊橋)の5つのポリシー

1 地域密着で丁寧な説明

当事務所では、地元豊橋に密着して相続問題の対応を行っております。相続問題の解決においても、丁寧に進めるように心がけております。

2 相続問題に詳しい経験豊富な弁護士が親身に対応

相続問題に詳しい弁護士が、初回のご相談から相続問題の解決で、親身にサポート致します。

3 安心の個別相談で一人ひとりに合わせた最適な問題解決方法のご提案

相続問題でお悩みのご相談者様のお話を個別にじっくり伺い、お一人お一人に合わせた最適な相続問題の解決方法をご提案させて頂きます。

4 明瞭な料金体系でのサービス展開

当事務所では、明瞭な料金体系の下、ご相談者の方が抱える相続問題のお悩み解決をサポートさせて頂きます。

5 プライバシーの厳守の徹底

当事務所では、ご相談者の相談内容は秘密厳守で対応しております。各種手続きについても、必要な段階までは、他の相続人や親族にばれないようにしておりますので、安心してご相談ください。

ご対応エリアについて

当事務所は、豊橋を中心に、東三河地区(豊橋、豊川、蒲郡、新城、田原、北設楽郡など)、ならびに、静岡県西部の一部(浜松市、湖西市など)からご相談を頂き対応をしております。場合によっては、豊橋周辺以外のその他エリアにおきましても、お話をお伺いした後」に、相続問題の事件解決に向けて経験豊富な弁護士が丁寧にサポートさせて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。